11年ぶりに大改革した生命保険を見直せ!プロが進める最新の生命保険ランキング

自分が契約している保険の保証内容は果たして十分なのか、それとも過剰に入りすぎているのか?生命保険の基礎と役割を見れば、見直しに向けてあなたの最適なプランにカスタマイズすることが可能だ。

11年ぶりの大改革が行われた今だからこそ生命保険を正しく見直すべき絶好のタイミングである。

あなたはこんなお悩みありませんか?

そのお悩みにお応えします!

審査基準にクリアしたファイナンシャルプランナーが

あなたにぴったりの保険をご提案!

保険の最適屋さんでは独自の基準を設け、ファイナンシャルプランナーの中でも何社分もの保険を扱える経験豊富なプロの専門家だけを選抜。質の高い保険プランナーが多数登録されているからこそ、必要な保険だけを見極めてご提案することが可能です。

そもそも保険って入る必要があるの?

あなたのライフステージの中では、急にお金が必要になったりすることがあります。

もしあなたが、そのピンチの時にカバーするだけの貯金を蓄えているのであれば、保険に加入する必要はありません。

一時的に資金がなくなることで破産したり、周りの人に迷惑をかけたくない方は、そのようなリスクをカバーするために、みんなでお金を出し合って困った時は、その時に必要なお金を補填してくれるものが「保険」というものです。

少しのお金を出し合って本当に困った時は、お互い守りましょうという助け合いのネットワークなのです。

 

カンタン4ステップでわかる、保険の仕組み

1,保険契約
2,病気やケガ、死亡した場合
3,保険金が降りる
4,キャッシュアウトで破産せず安心した生活

わずかなお金を出し合って、困った時に大きなお金を出してもらうことが可能です。

 

今回の改定で何が変わったの?

自分にあったベストな生命保険を見極めるのは非常に困難。標準利率、標準生命表、料金改定など。生命保険の関連記事を目にするたびに一体何をそんな大騒ぎしているのかは、ほとんどの方が理解できていないはず。

まず知ってもらいたいのが標準利率だ。低金利の影響をうけて金融等が2017年4月より、1%から0.25%まで引き下げられたのだ。これは史上最低基準です。このことにより、既存の保険料が変更になります。

定期保険

10年や20年など一定期間の死亡した時に保証する保険で基本的に安い。しかし、日本人の長寿化に伴って多くが4月から保険料を引き下げている

収入保障保険

ライフステージに合わせて保険額が減っていくのが特徴で、定期保険よりも保険料が割安になっている

がん保険

がんに特化した保険で人気が一気に集中。治療に応じて給付金を出すタイプの商品が増えている

介護、認知症保険

介護が必要になったり認知症に備える保険。公的介護保険に支払い基準が連動しているものが多い。日本人の長寿化で新商品の投入が相次いでいる

その保険料払いすぎていませんか?

死亡保険にしろ医療保険にせよ、何かひとつでも契約しているのであれば保障が足りないということはない。むしろ、日本人は特約をはじめ保障を付け過ぎで、見直しの余地があるケースが大半です。
重い病気やケガで多額の医療費がかかったら、また万が一自分が亡くなったら残された家族は不安になる気持ちはよくわかります。
しかし、日本は国民皆保険制度の恩恵を受けているため、国民保険を始めとして保障が整っていないことはない。

つまり、ライフステージに合わせてリスクを計算した時に必要以上の保険医入る必要はないということです。

医療保険は料金改定でも意図は変わらず

さまざまな医療保険が出てくる中で最も競争が激しい分野です。なんと年間で350万円超もの新規契約があります。各社も保険メニューの修正を繰り返しながら一段向上にしのぎを削っています。

保険に加入した人の勘違いというよりも情報量があまりにも多すぎて正しく理解している人はほとんどいないというのが現状です。金融庁は2017年夏に「一口に三大疾病と行っても会社によって保険の範囲がことなるためわかりにくい」と指摘している。

プロが選ぶ医療保険ランキング

 

1位:新CURE(キュア)/オリックス生命

2018年4月以降も保険料は据え置きにしています。シンプルな保障の内容で、保険料を割安に設定できるそのバランスが最も優れており設計しやすいのが魅力的です。

2位:Flexi S(フレキシィエス)/メットライフ生命

継続的に10日以上の入院がなければ5年毎に10万円の「健康祝金」が受け取ることができる。さらに10日以内の入院であれば入院金額の10倍の短期入院定額保障もあるところが嬉しい。

3位:&LIFE 新医療保険Aプレミア/三井住友海上あいおい生命

10日以内の入院でも一律10日分の入院給付金を受け取ることができます。保険料の払込免除となる要件のハードルを相対的に低く設定している。特約の一部が値上げになっています。

4位:就寝医療保険プレミアムDX/チューリッヒ生命

特約付加で、七大疾病による入院は支払い日数が無制限で保証するほか、入院給付金が受け取れます。胃潰瘍など所定のストレス性疾病への保障を手厚くしています。

5位:新・健康のお守り/損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

1万円から20万円まで設定可能な入院一時金ン特約が新しくなりました。30日を限度とする入院給付金付き特約も新しく追加しており、保障も充実させました。

がん保険の激しい激戦区

がんに特化した保険は新商品が続々と誕生する激戦区。人気の秘密は自由診療の保障や収入保障を兼備する商品まで誕生したことです。

新しい武器は自由診療も保証対象

今までのがん保険の特徴は何といっても主契約(ベースとなっている保険)が「放射線治療給付金」と「抗がん剤ホルモン治療治療給付金」であるため一旦がん保険で主契約とされることが多い保障は特約扱いになっていました。

しかし、新しいがん保険の特徴は、自由診療も保証対象に含んだことです。欧米では承認されているものの、日本では未承認(公的慰労保険適用外)となっている抗がん剤の治療にも給付金を出します。また診断後に発症したストレス性疾患を保証する「がん診断後ストレス性疾患特約」も保証の枠を広げている。(チューリッヒ生命の終身ガン治療保険プレミアムDX)

 

プロが選ぶがん保険ランキング

1位:ガン保険Guard X/メットライフ生命

ニーズに合わせた自由度の高いがん保険でカスタマイズ性に優れている保険です。がん治療給付金は1年に1回(支払い回数は5回または10回を選択)、三大治療で給付された入院・通院を問わない。

2位:終身ガン治療保険プレミアムDX/チューリッヒ生命

2018年4月に投入の新商品。国内未承認の抗がん剤への給付金を新たに追加しました。(月額給付金は倍額となる)

3位:がん保険ダブルエール/ライフネット生命

2017年8月に新商品としてリリース。手術・放射線治療・抗癌剤治療のがん三大治療で入院・通院とも月1回10万円が無制限で支払われる。収入サポート給付金を追加できる点は嬉しい。

4位:新がんベストゴールドアルファー/FWD富士生命

2018年4月に値下げしたことで競争力をましました。はじめてのがん診断で最大300万円を受け取れることが出来る。がん診断で保険料支払い免除もついている。

5位:がん保険Believe/オリックス生命

診断一時金、入院給付金、隊員一時金、通院給付金などバランスが取れており、上皮内がんでも同額を保証する。特約の通院治療は数日無制限のところも○。

 

中小企業の夫婦にとって老後の保障は国民年金からしか支払われないので生活の不安はひときわ大きい。経営者の高齢化は年々深刻化し、最も心配なのが経営者が要介護状態になった時のことです。
そんな経営者に大人気なのが、三井住友海上あいおい生命保険の「新衣装保険Aプレミア」に「終身介護保障特約」をセットした企業保険プランだ。
医療保険に介護保障をオプションで付けられる商品は珍しいだけではなく保障が一生続くのも理由の一つです。

要介護2(相当)で最大9300万円

三大疾病を対象とする「新保険料支払い免除特約」の認定基準が他社に比べて暖和されている点にも注目したい。

保険料の払込は終身払のほか、60歳、65歳などの短期払いも可能。法事jん契約の場合は、契約者を法人、被保険者を経営者などの役員、受取人を法人に設定すると、払込方法を問わず保険料は全額損金算出できる。これは経営者なら嬉しい。

トンチン年金とは?

長生きすればするほどお得になる保険。90歳まで長生きすれば支払った保険料以上の年金が受けられる保険「トンチン年金」。女性を中心に徐々に指示が広がっている。

トンチン年金とは、契約者が早くになくなってしまうと、受け取れる年金や死亡払戻金が支払った保険料の総額を大きく下回ってしまうものの、ほかの契約者は年金原資が増え、返戻率が上がる仕組みとなっています。長生きをすればするほどお得という保険です。

グランエイジ/日本生命保険

ながいき物語/第一生命

100再時代年金/太陽生命

 

認知症保険

高齢者の5人に1人が自分の名前を言えない時代へ

高齢化社会に伴って今後急増する見通しの認知症患者。2025年には、認知症患者が700万人を突破すると言われる。要介護状態に陥る大きな原因にもなっており、不安を感じる人は少なくないだろう。そうした課題をカバーするための保険が、太陽生命保険の「ひまわり認知症治療保険」と朝日生命保険の「あんしん介護認知症保険」の2商品。2者のシェア争いが続いていたが、そこに新たに殴り込みをかけてきたメットライフ生命保険の「フレキシィS終身認知症診断一時金特約」だ。

診断の確定によって認知症の進行を抑えるための早期治療が必要になるケースが多いため一時金を受け取るかどうかは見極めたい。メットライフ生命は契約から180日間は保証の対象外となるため健康状態のうちに検討したい。加入年齢は40歳に設定しており、要介護1以上で保険料の免除対象となるのも大きな特徴です。

ひまわり認知症治療保険/太陽生命

あんしん介護認知症保険/朝日生命

フレキシィS終身認知症診断一時金特約/メットライフ生命

※出所:厚生労働省「日本における認知症の高齢者人口の将来推計に関する研究(平成26年度厚生労働科学研究費補助金特別研究事業九州大学二宮教授)による速報値」
※各年齢の認知症有病率が上昇する場合の将来推計

2025年には、65歳以上の高齢者の5人に1人が認知症を発症するとされています。今後は、認知症はもはや他人事ではありません。あなたの知らない誰かがなる病気ではなく、あなた自身や家族がなる可能性のある病気です。

 

経営者向けの保険

保険という名の節税商品。「全損」タイプで契約者が急増している経営者向けの保険を知ると知らないでは大きな差が出る。現在、生命保険会社が販売しているのは、支払った保険料の「全額を損金」として参入できるタイプの商品です。
日々の資金繰りと重い税負担に頭を悩ませる中小企業の経営者に取って、全損は会計処理がカンタンなだけではなく財務上のメリットがかなり大きい。税引前の利益を支払い保険料で「相殺」し、法人税など負担を軽減できるから。

一見すると単なる利益の繰り延べにすぎないように映るが、そうではない。解約時に受け取る返戻金を、退職する役員に支払うなどして繰り延べた利益に対して課税額を抑えることができる。

単純な返戻率だけを見ると80%前後と支払った保険料を下回る金額しか戻ってコない計算になるが、2年目からプラスになる設計の物が多く、5年もたてば多くが120%を大きく上回る水準になる。

全損タイプの経営者向け保険はプラチナフェニックスが出る半年前に、第一生命保険が「エクシードU」という商品を出していた。ただ後発のほうが返戻率を高く設定しているため日本生命保険の「プラチナフェニックス」が飛ぶようにサインされている。契約数はなんと5万件を突破という人気ぶり。

業績が上向いてきた企業に取ってはこれ以上ない商品ではある。

プラチナフェニックス/日本生命保険

エクシードU/第一生命保険

ネオdeきぎょう/ネオファースト生命保険

グランドステージ/朝日生命

フォローアップライフ/アクサ生命

 

保険って若いうちに入ったほうがいいってホント?

生命保険に入ったほうがいいのはよくわかるが「入るべきタイミング」について悩むところです。基本的に保険料は年齢が高くなればなるほど高くなるため、早い段階で加入したほうが保険料は安くなります。

ここでは終身保険を60歳払済の終身保険に男性が死亡保険金500万円で入る場合の加入年齢ごとの支払保険料は次の通りです。

加入年齢 月払保険料 払込総額
20歳 7,470円 358万5,600円
30歳 1万455円 376万3,800円
40歳 1万6,630円 399万1,200円
50歳 3万4,760円 417万1,200円

保険料は加入時点のものが継続するのが終身保険の特徴です。60歳払済なので20歳で40年支払うと358万5,600円となります。何と20歳で加入して支払った場合と、50歳から加入して支払った場合ではその差額585,600円もお得になり、16.3%も割安で加入することができます

20歳で入ったほうが保険料は安くなおかつ万が一の保障が40年間続くほうと、50歳まで無保証で10年間高額の月額保険料を支払うことを考えると支払いの面でも保障の面でも断然20代から加入したほうがお得になります。

 

保険の加入を断られる場合があるってホント?

生命保険は誰でも加入できると思いがちですが実はそうではありません。ある一定の基準をクリアしないと保険に入ることができません。そのため万が一保険を見直したい場合は、まずは新しい保険に加入した後に解約されることをオススメします。一旦解約してしまったものを再入会する場合は再度審査が必要になります。

保険会社にとってリスクが高い人というのは、過去の病歴や健康状態に問題を抱えているケースです。現在治療が続いている病気はさらにリスクが高くたとえ良性の手法であっても経過観察となった場合は保険会社でも契約を断られることがあります。

また体系も注目され、肥満体質の場合も加入を断られるか健康割引が効かなくなったり割高になったりする傾向があります。基本的にはBMIという指標が参考にされます。BMIは体重(キログラム)を慎重(メートル)の二乗で割った値で、18.5以上25未満を「普通体重」と定めています。

25以上は肥満とみなされ、特に30以上になると保険会社は「高リスク」と見られ加入を断られるか割高になるケースがあります

保険加入時に健康であればその後病気になったり肥満になったとしても契約は続けることができます。しかし、年齢を重ねることで持病と付き合うようになると保険に加入できなくリスクが年々高まります。

そのため基礎保険をしっかりと持った状態で、新しい保険に乗り換えされることがベストと言えます。
保険の加入を先延ばしにするということは、支払い金額のリスクも高まりなおかつ保険加入リスクが出てくるため一日も早い見直しをされることをオススメします

 

プロの保険アドバイザーが無料でコンサルティング

当サイト、「保険の最適屋さん」では保険に関する専門家から無料でアドバイスをもらうことが可能です。現在加入している保険が過剰に支払いすぎていないか、最新の保険でぴったりの保障がないか。進化し続ける保険商品を見直すことができます。
人生100年時代と言われ、医療技術や薬のクオリティがさらに向上することで人間は多くの病気に打ち勝つことが出来るようになりました。しかし、長生きすることでお金の保障がないことで老後破産になる人が続出してきます。人生を楽しみ切るためには保険という商品をうまく活用してリスクを最小限にすることが必要です。

あなたの命はあなただけのものではありません。あなたの健康もあなただけのものではありません。周りにいる家族や関わる人全員が抱える問題です。

まずは無料で保険診断をしてみませんか?

以下のフォームに入力してください。
あなたにピッタリの保険アドバイザーが対応いたします。

この無料診断をしたことによって、保険に加入しなければ行けないということは一切ありません。最新の内容を見て加入するかどうかはご自身でご判断下さい。

 

1分でできるプロの無料診断

更新日:

Copyright© 保険のいろは , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.